電験3種 合格体験記 試験前日

明日はいよいよ試験です。もうやり残した事はありません。

今日は一日リラックスして、明日に備えましょう。

やっぱり・・・

試験会場は千葉市の東京情報大学です。
高速を使えば自宅から2時間もかからない場所に有ります。

 

 

宿泊するにもお金がかかるので、普通の人は当日朝早く
起きて行くんだと思います。

 

 

でも私は前泊をします。以前の苦い経験があるからです。
ホテルは1ヶ月ほど前に予約しました。

 

 

試験会場のある駅からJRで数駅離れた場所です。
交通の便を考えて、駅のすぐ近くのホテルを予約しました。

 

 

このホテル、ホームページはありますが予約は電話でする
必要があります。
(当時の話です。さすがに今はHPでできるようになりました)

 

 

長い会社生活の中で、記録に残す事が習慣になりました
打合せの議事録然り、メール然り。大事な用件は電話で
話した後にメールで記録に残したりします。

 

 

そんな習慣に慣れた私は、
予約を電話だけでするのがすごく嫌いです。

 

 

電話予約って、受けた人が手続きを忘れたらそれまでです。
聞き間違いをしたら、それまでです。

 

 

もしかしたら自分自身がうっかり間違えて
伝えてしまうかも知れません。
(心配なら後日もう一度電話をして確認すれば良いのですが)

 

 

予約をしたのは夜の遅い時間でした。電話に出たのは男の人。
その時、何となく悪い予感はしていたのです。

 

 

試験前日、私は午後3時過ぎにホテルに到着しました。
駐車場に車を留めて、チェックインをしようとしたところ・・・

 

 

えぇっ ! ? 予約が入ってない ! ?

 

 

悪い予感は見事的中してしまいました。
とほほ・・・、何もこんな日に、ついてない...。

 

 

しかし9月の第一土曜日、特に有名な観光地でも無いこの辺り。
他に空室が有り、無事泊まることはできました

 

 

これを"ついてない"と思うのか、
無事部屋が有って"ラッキー"と思うのか、

 

 

心の持ちよう一つで人生は変わります。

 

 

試験場の下見

本日の最も大事なイベント、それは試験会場の下見です。
もちろん試験会場への移動手段も当日と同じ方法で、です。

 

 

いい大人なんだし、外国にいる訳じゃないんだから、
下見なんかしなくたって平気さ。

 

 

そぅ、そうなんです。普通はそうかも知れません。

 

 

時間に余裕を持てば、多少迷ったって、遅刻しないで着く
ことはできるでしょう。でもその時、色々な事に気を使います

 

 

思いっきりドキドキします。余計な神経を使います。
試験開始の頃には疲れているかも知れません。

 

 

簡単な試験ならそれでも余裕で受かると思います。
でも難関の電験3種、試験は1年に1回しかありません。

 

 

多分今年落ちたら、来年は受けないでしょう。
私にとっては最初で最後の試験

 

 

万全の体制で臨みたいのです。

 

 

その為に私には”心の余裕”が必要なのです。

 

 

まずはJRに乗って、四街道駅に着きました。
バスの路線は事前に調べてプリントアウトしてあります。

 

 

目的のバスのバス停は駅南口にあります。栄えている北口
に対し、南口はややひっそりとしていて寂しい感じです。

 

 

あれ、バス停が見つからない...。

 

 

ちょうど駅周辺を工事していて、それも災いして見つからないのです。
しばらくウロウロ、行ったり来たりしてやっと見つけました。

 

 

やっぱり下見しておいてよかった...

 

 

明日この状態だったら、間違い無く私の心は折れていました。

 

 

人気の無い路線なのでしょう。バスの本数は少ないです。
もし明日、乗り遅れたら次のバスまで待てないので、
念のためタクシー乗り場もチェックしておきました。

 

 

しばらくバス停で待って、バスが到着したので乗り込みました。
時刻表では15分ちょっとで到着するぐらいの距離です。

 

 

ただ今日は土曜日、ちょっと道路が混んでいて25分くらい
かかりました。

 

 

大学に到着して、でも中には入れないので外からちょっと
眺めて、辺りを軽くお散歩しました。

 

 

明日はここで試験を受けるんだなぁ〜。

 

 

頑張る気力が沸いてきます。
さあ、これで明日はバッチリ。
目をつむっていても辿りつけます。

 

 

自分に乾杯!

下見を終えてバスで四街道駅に戻ってきました。
もう6時過ぎ、夕飯の時間です。

 

 

ちょうど駅のそばに餃○の王将があるので、ここで食事をする
ことにしました。
餃○の王将に入るのは、これが始めてです。

 

 

テーブル席に座り、肉とキャベツの味噌炒め定食と生ビールを
注文しました。

 

 

試験勉強を始めて3ヶ月弱。
夜勉強するために、家でお酒は全く飲みませんでした。
数回宴会で飲んだだけです。

 

 

この3ヶ月、よく頑張ったなぁ〜。
こんなに勉強頑張ったのは、本当に久しぶりだ。

 

 

頑張った自分に...乾杯!

 

 

3ヶ月の日々を思い出しながら、
そして明日の勝利を願いながら、
冷たいビールに口をつけました。

 

 

参考書は見ません!

試験の前日、あなたならどう過ごしますか?

 

 

最後の悪あがき、ギリギリまで勉強する。
もしかしたら勉強したところが、運良く出るかも知れない。

 

 

いや、今更やっても返ってあせるだけ。いさぎよく何もやらない。

 

 

私は後者です。
念のため一応参考書類は全て持ってきました。でも見ません。

 

 

テレビでも見ながらまったりと過ごします。
ひとりきりで誰も邪魔する人はいません。

 

 

至福の時間です。

 

 

さあ、いつもより早く、もう寝ることにします。
明日がんばりましょう。

 

 

おやすみなさい...。

 

 

 

 

 

>>> 次へ ・・・ いよいよ本番

 

<<< 前へ ・・・ あと二週間

 

 

<<< 電験3種合格体験記 トップページへ戻る >>>