電験3種 勉強方法

その他教材など

電験3種の勉強方法には学校セミナーに通う方法も
ありますが、仕事を持っている社会人の方には、やはり
独学通信講座を選択されるのが一般的かと思います。

 

 

通信講座があらかじめカリキュラムが用意されていて、
その通りに進めれば良い(それが良いかどうかは別として)
のに対して、独学は完全自由で、
全てを自分で決めなくてはなりません。

 

 

市販の参考書は電験3種に必要な事が全て網羅されて
いるので、参考書に書いてある事を全て覚えることが
できれば合格はできるでしょう。

 

 

しかし実際にはそれは無理なことですし、
時間が膨大にかかります。

 

 

私たちがしなければ行けないのは
電験3種の知識を全て覚える事はでなく、
電験3種に合格する事です。

 

 

合格することが目的なのです。

 

 

合格するためにはテクニックが必要ですし、
限られた時間の中、効率良く勉強する必要が有ります。
独学”だけ”では、そのあたりが難しいのですが、
それを補助する教材もあります。

 

 

一般的な参考書や通信講座のテキストの執筆者は
主に学者に近い存在で、
電気に関しては高度な知識を持っていますが、
電験3種の受験テクニックにはあまり興味がありません。

 

 

一方教材の作者は自ら電験3種で苦労した経験をもとに、
どうやったら効率的に電験3種に合格するレベルにする事が
できるかを考えて教材を作っています。

 

 

私も独学でスタートしましたが、勉強を進めていく内に悩み、
そして教材に出会いました。

 

 

そしてその教材を使い、
3ヶ月弱の短い期間で合格出来ました。

 

 

特に教材の電気公式集が秀逸で、これだけでも十分価値があります。

 

 

 

↓↓私が使った教材
『電験3種スピード合格術 計算問題マスターセット』 公式HPへ

 

 

 

 

>>> 前へ ・・・ セミナー、講習会

 

 

<<< 電験3種勉強方法 トップへ戻る >>>

 

<<< 電験3種合格体験記 トップページへ戻る >>>