電験3種 勉強方法

電験3種 勉強方法

電験3種は範囲が広く難関の試験ですから、
まじめにコツコツと取り組む必要があります。

 

 

受験される社会人の方は、仕事に追われて
中々勉強する時間を取れないかも知れません。

 

 

だからといって、平日は何もやらずに
土日の休みの日をまとめて勉強に充てよう
などと云うことは考えない方が良いです。

 

 

人間は忘れる生き物ですから、間を開けずに
毎日毎日少しずつでもやる事がとても大事です。

 

 

合格までどれくらいの時間勉強すれば良いか、
については、その人のレベル、勉強方法などに
左右されるので一概には言えないですが、
一般的に1000時間〜2000時間程度と言われています。

 

 

私は大学の電気工学科卒業ですが、卒業後約20年間、
電験3種とは直接関係のない仕事をしていました。

 

 

そのような状況で、1日約4時間、試験前と時間の取れる時は
約8時間ほどを勉強に費やし、3ヶ月弱で合格しました。
時間にしたら500時間程度は勉強したかと思います。

 

 

試験勉強の方法については色々な方法があります。

 

 

それぞれにメリットデメリットが有りますし、
また人により合う、合わないや、また置かれている状況により
どの方法が適切かは変わって来るかと思います。

 

 

ここでは、それぞれの特徴について見てみましょう。

電験3種 勉強方法記事一覧

独学

かかる費用は、市販の参考書や問題集を購入する代金だけなので最も安く済みます。私も独学からスタートしました。参考書や問題集は沢山の種類が有りますから、そこから自分自身で必要なもの、自分に合った物を自身で選択することになります。インターネット上で、どの参考書が良いなどの情報も有りますが、同じ参考書でも絶...

≫続きを読む

通信講座

独学の場合、全てを自分で決める必要があります。使用する参考書、問題集。そして勉強の計画。それに対して通信講座はカリキュラムが組まれており、ある程度勉強のペースが掴みやすいのがメリットかと思います。家を建てる事に例えなら、独学が完全自由設計の注文住宅、通信講座はハウスメーカーのプラン住宅という所でしょ...

≫続きを読む

専門学校

電験3種の勉強をするのに専門学校へ通うという選択肢も有ります。学校で実際に授業を受ける訳ですから、他の勉強方法に比べ理解度という面では最も優れており、解らない所はその場で聞いて解決できるというのが一番のメリットでしょう。多くは2年制で、学校によっては夜間部を開校している所もあります。同じ志を持った仲...

≫続きを読む

セミナー、講習会

専門学校は概ね2年制ですが、短期集中型のセミナーや講習会というものもあります。社会人の方が受講しやすいように大体土日に設定されていて数回〜十数回の講義が受けられます。1ヶ月に2日間、連続した土日に1科目を行うスタイルが多いようです。例えば5月が理論、6月が電力、7月が機械、8月が法規のような感じで。...

≫続きを読む

その他教材など

電験3種の勉強方法には学校やセミナーに通う方法もありますが、仕事を持っている社会人の方には、やはり独学か通信講座を選択されるのが一般的かと思います。通信講座があらかじめカリキュラムが用意されていて、その通りに進めれば良い(それが良いかどうかは別として)のに対して、独学は完全自由で、全てを自分で決めな...

≫続きを読む