電験3種 合格体験記 〜通信講座は必要?

電験3種とは

電気主任技術者の資格

 

電気保安確保の観点から、

 

事業用電気工作物(電気事業用及び自家用電気工作物)の
設置者(所有者)には、

 

電気工作物の工事、維持及び運用に関する
保安の監督をさせるために、

 

電気主任技術者を選任しなくてはならない

 

ことが、電気事業法により義務付けられています。

 

 

 

つまり電気主任技術者とは、

 

発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備や配線など、
電気設備の保安監督を行うことができる国家資格
です。

 

 

 

電気主任技術者の資格には、免状の種類により第一種、第二種
及び第三種電気主任技術者の3種類があり、

 

電気工作物の電圧によって必要な資格が定められています。

 

 

 

第三種電気主任技術者試験(電験三種)

 

第三種電気主任技術者は、

 

電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5千キロワット以上の発電所を除く)の
保安監督にあたることができます。

 

 

 

国家試験である第三種電気主任技術者試験のことを
略して電験三種(電験3種)と呼びます。

 

 

>>> 次へ ・・・ 電験3種 試験日程

 

 

<<< 電験3種合格体験記 トップページへ戻る >>>