電験3種 合格体験記 〜通信講座は必要? 私の勉強方法

平成26年度試験終了

【2014年9月8日】

 

 

今年の試験も昨日9月7日に終了しました。

 

 

私が試験を受けたのが2009年。あれからもう5年が経ちます。
月日の流れるのは早いですね。
あの頃は本当に大変だった...でも今は良い想い出です。

 

 

さて受験された方、自己採点の結果はいかがだったでしょうか?

 

 

合格ラインの方・・・
おめでとうございます!! 努力は報われました。
これで晴れて第3種電気主任技術者です。(もちろん手続きが終わったあとですけど)
まずは頑張った自分を誉めてあげましょう。そして支えてくれた人に感謝感謝です。

 

 

当落線上の方・・・
合格ラインは毎年変動しますので、結果発表が有るまではわかりません。
一ヶ月半不安な日々になりますが、終わったことはもうどうすることもできません。
腹を据えて結果を待ちましょう。一ヶ月半後笑うか泣くかは神のみぞ知るです。

 

 

不合格見込み、科目合格見込みの方・・・
まずはお疲れ様でした。そして今回は残念でした。
自分が勉強した期間を振り返り、どうでしたか?

 

 

やるだけやったのにダメだった...それとも、
結構中途半端に終わってしまった...でしょうか?

 

 

もし一生懸命やったとしても、合格できなかったということは
やっぱり何かが足りなかったのでしょう。

 

 

その何かは何か?少しの間考えてみましょう。
そして少し休んだら、来年の試験に向けて取り組み始めるべきです。

 

 

私の時は思い立ってから試験まで3ヶ月しか有りませんでした。
だから色々な事を犠牲にし、全てに対して勉強を優先させました。
とにかく時間が無いと言うことは大変なハンディでした。

 

 

今あの頃と同じにやれと言われても多分できません。

 

 

今から来年の試験を目指そうとしている人は時間がタップリあります。
だから色々な事を犠牲にせず、少しずつコツコツやることができます。
短期集中よりも、少しずつ脳裏に刻んでいった方が絶対身につきます。

 

 

時間があるからと言って、後回しにしてはダメです。
まずはやると決めて、計画を立てましょう。
そしてコツコツと少しずつやっていけば良いんです。

 

 

そう、時間はあるのですから。

 

 

ただ時間があるからと言って、隅から隅まで全て網羅しようとは
思わない方が良いです。あくまでも試験勉強ですから、
ポイントを掴むことが大事です。

 

 

私が使った教材も参考にしてみてください。

 

 


『電験3種スピード合格術 計算問題マスターセット』 公式HPへ