電3種 合格体験記 合格へのアドバイス

電力

私からのアドバイス

 

  計算問題は理論や機械ほど多くは無いですし、
  出るパターンもおおよそ決まっていますので
  過去問を繰り返して出題パターンを覚えて下さい。

 

  文章問題も多いので、最後の仕上げに文章問題も
  しっかりやっておいてください。

 

  電力分野は私にとって普段触れることがない内容なので、
  逆に興味深く楽しんで学習できました

 

 

 

北 圭吾様(33歳)

 

  正直、とっつきにくい教科のひとつでした。
  理由は、機器のイメージがつかみにくかったからです。

 

  ほかの方々もおっしゃられる通り、
  インターネットや図書館などで資料を検索することにより、
  「こーゆーもの」と割り切ることがベストだと感じます。

 

 

 

永山英樹様(47歳)

 

  計算問題は、基本書・補助書・過去問を繰り返し学習
  マスターすれば実力はつくと思います。

 

  比重の高い文章問題は、空き時間を見つけては、
  こつこつと問題を解いて暗記していく。

 

  私の場合は、文章問題の勉強は、電車の中か昼休みを利用しました。

 

 

 

村井俊朗様(35歳)

 

  機器のイメージを掴むのにインターネットで検索して
  画像を見たりしました。

 

  又車で走ってる時も変電所や送電線が有ると止まって見たり
  写真に収める様にしてイメージし易いように努力しました

 

  又公式も式の変形やルート3を掛けるだけで済むのが多く楽に感じました。

 

 

 

山田 勤様(59歳)

 

  学習した事を、会社の人から実際の装置を見させてもらい
  印象を濃くしました

 

  例えば架空地線・GIS・断路器・遮断器等。
  計算問題はこの教材を中心にしました。過去問題は2回しました。

 

 

 

 

久保尾 登様(28歳)

 

  基本は理論と同じ方法で勉強しました。
  後は、文章の正誤問題などもあるので、
  テキストで推薦していた参考書を本番1ヶ月前からやるようにしてました。

 

 

 

川口 和正様(56歳)

 

  教材を基に公式を暗記することは理論と同じですが、
  「絵とき 電験三種完全マスター」(オーム社)にて
  勉強すると理解し易いですね。

 

 

 

稲嶺 盛克様(22歳)

 

  雑学みたいな知識を身につけるイメージで勉強しました。
  そう考えれば、わたし的には楽しく勉強できる科目だと思います。

 

  友人に鉄塔やキャビテーションについての豆知識を披露することを
  目指して勉強すると良いと思います。

 

 

 

>>> 次へ ・・・ 合格へのアドバイス:機械

 

<<< 前へ ・・・ 合格へのアドバイス:理論

 

 

<<< 電験3種合格体験記 トップページへ戻る >>>