電験3種 合格体験記 〜通信講座は必要? 私の勉強方法

電験3種(第3種電気主任技術者試験)に合格しました!

電験3種 合格 免状

 

2009年10月20日。

 

 

その日は私の43才の誕生日であると共に
電験3種合格発表の日でした。

 

 

受験を決意してから3ヶ月弱。
こんなにまじめに勉強したのは...大学受験以来かも知れません。

 

 

5月のある日、私に降りかかった突然の出来事。

 

 

それをきっかけにして、私は受験を決意する事になります。
もしその出来事がなかったら、
多分一生電験3種とは無縁の生活を送っていたでしょう。

 

 

電験3種は難関だと良く言われます。

 

 

合格率は10%程度。
ここ2年ほどはわずか5%台です。(平成24年当時)

 

 

だからこそ価値がある資格であり、
そして食える資格でも有るのです。

 

 

定年を数年後に控えた人、定年を越えた人、
そういう方々も沢山受験されています。
それだけ電気主任技術者という国家資格には
需要があるのです。

 

 

でも難関な資格だから、
本当にまじめに取り組まなければ合格はできません。

 

 

私が最終的に受験を決意したのは6月11日。
受験の申し込みをした日です。
この時、試験日まで既に3ヶ月を切っていました。

 

 

正直言って、受験するかどうか随分悩みました。

 

 

本当にこの短期間の勉強で合格する事ができるのだろうか?
結局挫折して、無駄な時間を過ごしてしまうのでは無いだろうか?

 

 

3ヶ月というのはホントにあっという間です。
でも考えようによっては90日もあるのです。

 

 

私はこれを神様がくれたチャンスと捉え、
一生懸命取り組んで、無事合格する事が出来ました。

 

 

行動することの大切さをこの時実感しました。

 

 

確かに勉強し始めの頃は迷いも有りました。
本当にこのままやって合格できるのか不安にもなりました。

 

 

でも勉強していく内に、勉強することが段々楽しくなりました。
わからない所がわかるようになり、知識が増えてくると
どんどんやる気が沸いてきます。

 

 

とにかく毎日毎日まじめに取り組む事が大事です。

 

 

電験3種は確かに難関ですが、100点を目指す必要はありません。
合格点+α取れるだけの実力をつければ良いんです。
その為に効率良く勉強しなければ行けません。

 

 

私は電験3種に合格しましたが、
今現在それに関わる仕事には就いていません。

 

 

しかし、この試験に合格した事で自分自身大いに自信がつきましたし、
この経験を通して、色々な事を学びました。

 

 

そしてそれが今の私の人生に色々と役立っています。

 

 

何よりも国家資格という大きな保険を手に入れることが
できましたし、その保険があるからこそ、
今の仕事に安心して取り組めています

 

 

考えることはとても大事ですが、
考えているだけでは何も進みません。

 

 

行動することが大事です。

 

 

このサイトは私の合格体験記です。
何か一つでも、皆さんのお役に立てる事ができれば幸いです。

 

 

 

 

>>> 電験3種合格体験記  ・・・ 電験3種受験のきっかけ